トップへ スタッフブログ メルマガ ログイン


 
水まわりのリフォーム
06.お風呂・洗面所・トイレのリフォーム
建築工法
05.RC造[配筋から打設まで]
内装・リフォーム
04.RCマンションの電気工事とリフォーム
外構工事
03.ゼロから作るオリジナル設計看板
内装・リフォーム
02.壁紙の張替えと壁の取り壊し
外構工事
01.カーポートの施工




ポイント確認と土台作り
何も無い場所に看板を設置するポイントを見つけて、看板の土台になる部分に穴を掘ります。RCの施工と同様、鉄筋で形を組み、そこにコンクリートを流し込みます。
今回は、交通量の多い通りに面した目に入りやすい位置に設置する事になりました。山の坂道の角なので、水災害等で倒れない様に基礎は通常よりも深く40cm掘りました。
 

看板のベースになる部分を作ります
土台が完成したら、看板のベースを作りです。
鉄筋とブロックで型を組み、コンクリートを流し込み、乾かします。
草花を植える花壇部分もブロックを積み上げて作ります。
だんだん看板らしい形になってきました。
 

ラグナロックを丁寧に貼付けてゆきます
今回の施工の1つのポイントでもある、建物に使用したものと同じ部材「ラグナロック」を丁寧に隙間なく埋めてゆきます。
ラグナロックとは石に見立てた壁材です。
モルタルとセメントと砂利を混ぜたものを下地剤として使用しています。
 
部材に下地剤を塗ります。   一つ一つ隙間なくはめ込んで行きます。   部分的にカットして、サイズを調節。隙間が埋まる様にします。
ラグナロックは上の方から順に貼付け、下地剤が完全に固まるまで、下にずり落ちて来ない様につっかえ棒等でささえます。「下から貼れば良いのでは?」と思うかもしれませんが、地面のラインに合わせてしまうと最終的に上の方にズレが出てしまいます。キレイに揃える為には上から貼り進め、下の方は土に埋まるラインより多めに貼る事により、美しく仕上げる事ができます。
 
図面通りにラグナロックを全て貼り終えた状態。
 

いよいよ仕上げです!
下地剤が完全に固まったら、いよいよ仕上げです!ジョリパットでナチュラルな模様をつけて行きます。
ジョリパットはアクリル系の壁仕上げ剤で、色あせしにくく、色合いや質感を長時間保持する高い耐久性を持っています。防藻・防カビ性能が高く、キズがつきにくいのも特徴です。
 
花壇に土を入れ、植物も植えました。
看板の文字も設置し完成です!
文字の素材はステンレスです。ステンレスは錆に強いので耐久性に優れます。
花壇から飛び出して見える部分は配線です。暗くなった時に下から文字を照らす蛍光灯を最終的に設置します。
 
 


新しく、お店をオープンさせたり、会社を開業したりする時、看板は必要になります。
看板にもそれぞれ性格とも呼べる個性が出ます。
今回は病院の壁と同じラグナロックを使用して、調和をとっています。
ジョリパットの模様もお洒落で落ち着きがあります。
遠くからも見やすく、病院らしい親切で優しいイメージに仕上がりました!


 


Works H”(ワークスエッジ) 群馬県前橋市茂木町1280-1
TEL.027-212-3079
http://www.works-h.com/


今回の施工はとても寒い時期に行われました。手も凍る様な寒さです。
雪まで振る悪天候の中、いつもより作業の進みが悪くても、さすがはプロ。納期までにはキッチリ仕上がりました。何も無かった場所にあっという間にこんなに立派なものを作ってしまうなんて、職人さんて本当に凄いと思いました。

TOPへ戻る

Copyright(C) G-BUILD AHSSSY Inc. Allrights Reserved.